探偵事務所の浮気調査

裁判離婚とは

離婚をするときに、お互いが合意をして離婚をすることができればいいでしょう。

 

しかし一方が合意をしなかったり、取り決めが決まらなかったりすると、裁判所で離婚手続きをすることになるかもしれません。離婚の手法の中の一つに、裁判離婚というものがあります。

 

 

裁判離婚とは、当事者間の話し合いでも、調停によっても離婚を成立をしなかった場合に、地方裁判所の方で離婚をすべきかどうかについて、判断をする方式を言います。

 

 

もし裁判で、離婚を認可する判決が下りた場合には、一方がどんなに離婚に同意をしなかったとしても、離婚は成立してしまいます。

 

 

ただし、裁判所で離婚を認めてもらうためには、離婚が合理的であるという理由が証明されないといけません。

探偵事務所と妻の浮気調査

最近になって、探偵事務所の依頼されるケースとして、妻の浮気調査が増えてきているといいます。浮気調査というと、夫をターゲットにするものが多くなってきましたが、最近は、妻のケースも多くなっているといいます。

 

妻の浮気調査を依頼することが多くなった理由として、共働きの家庭が多くなっていることが挙げられるでしょう。妻も外に出る機会が多くなり、いろいろな人とコミュニケーションをする機会が多くなったことで、浮気の誘惑にはまる確率が高くなっているということができるでしょう。

 

また専業主婦でも、インターネットが発達をしているので、出会い系サイトを通じて、浮気相手を見つけるということもできるようになっていることも、妻側の浮気が多くなった理由の一つかもしれません。浮気調査の進化系の別れさせ屋という商売が存在するのも、時代の象徴でしょうか。

 

東京の探偵で有名なのは密会バスターズです。何かあれば、気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。